FC2ブログ

文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2006-08

ショートショート 033

●たまご少女

 いつごろからか、その少女は
たまごを持っていました。

 いつか孵ると信じてあたため続ける少女に、
いつしか周りがいらだち始めます。
「いつまで待っても孵るわけがない」
 誰かが言いました。
「中身はどうせ空っぽだ」
 別の誰かが言いました。
 それでも彼女はたまごをあたためるのをやめません。

 たまごを抱きながら歩く少女の足を、
人はそれぞれ引っ張りました。
「そんなことするくらいなら
もっと役に立つことをしなさい」
 女の子の父親が言いました。
「いつまでも逆らい続けるならもうごはんもあげません」
 母親が言いました。

 悪い事のように責められ続け、力をなくした少女。
人はその手からたまごを奪うと割ってしまいました。

 硬い音を立てて割れるたまご。
中身は……ありません。
「見ろ! 空っぽだ!」
 勝ち誇ったように叫びます。
「ほら、はじめっから孵るわけがなかったのに」
「こうなるのはわかってたんだ」
 口々に投げつける言葉。
人々は嬉々として声を出しました。

 ……自分たちが、
たまごから中身を奪っていたことにも気づかずに。

スポンサーサイト



テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する