FC2ブログ

文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2007-01

ショートショート 111

●挑戦

 彼女がうちの台所に立っている。
お湯をわかすくらいだった場所に似つかわしくない姿。
 初めての手料理に否が応にも期待が高まる。

「はい、どうぞ」
 料理を並べた彼女が席に着く。
「変な味したら言ってね。作りなおすから」
 眉を寄せてはにかみかむけれど。
おれだってせっかく作ってくれたものに
けちをつけるほど不人情な人間じゃないつもりだ。
どんなものだって、人が食べられないものになることはあるまい。
「じゃ、いただきます」
「はーい」

 ……ばかだった。洗剤の味がするよ、これ!

 なにをどうやったらこんな人工的な
とげとげしい味のものができるんだ。
「変な味、しない?」
 そっとたずねる彼女。
 挑戦か? これはおれへの挑戦なのか?
「だいじょうぶ。こんなもんだろ」
 する、とは言えないおれの悲しさ。
 だが、どこぞの大臣のようにわざとらしく飲みきって、
おかわりしてみる。これがおれの思いやり。
愛を試されるなら応えてやるさ!

 そんなおれの様子を見ていた彼女は、
ほっとほほえんで自分の前のおわんに口をつけた。
「う……」
 渋い顔。
「やっぱり洗剤の味がするよ」


スポンサーサイト



 | HOME | 

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する