FC2ブログ

文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2007-02

ショートショート 149

●最悪

 妻と散歩していると、前を歩く女性の肩に鳥のフンが落ちた。
「うわっ、サイアクー」
 片方が言って、もう片方が笑う。

 ……何が最悪か! 
わたしがこどものときは どれを最悪と言っていいか
わからないほどだった。
 毎日血と煙とやけこげた肉のにおい。
空を見ては飛行機の影におびえ、
昨日別れた友達が、次の日に穴だらけになっていた事もある。

 それでもまだましだった。
戦争に行き、殺す恐怖と殺される恐怖、
死んでゆく仲間に自分を映して気を病んだ兄。
敗戦後に敵国の兵隊に汚され自ら命を絶った姉。
だが、わたしは生きている。
自分が生き延びる事に精一杯だった日々。

 盗みもしたし、殺されるほど殴られもした。
憎い外国兵に物乞いもした。
それでも生きなければならなかったんだ。

 それをこんな……こんなチャラチャラした奴どもが
最悪を語るなど……! 
真の最悪がどういうことか、目に物見せてくれようか。
「それだけ、幸せな世の中になったということですよ」
 隣の、妻が言った。
 わたしが見ると深くしわの刻まれた顔で、
だがあの頃のように笑ってみせる。
「……そうだな」
 わたしは妻の手を取った。
妻は一瞬身を硬くしたが、気づかない振りをする。
「あ、見て」
 小さく女性たちの声。
「ああいうの、ちょっといいよねえ」
 わたしは、誇らしく妻の手を引いた。


スポンサーサイト



テーマ:ショート・ストーリー - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する