FC2ブログ

文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2007-04

ショートショート216

●それのことはそれに訊け

「だめだ~。社員が何考えてるかわからんよ」
 幼馴染であり、小企業の社長でもある友が嘆いた。
「なんだ、どうした。言ってみろよ」
 平社員のおれが訊く。
「最近不況だろう? 
カネもろくに出せない残業でムリをしてもらってるから、
せめてものねぎらいにとみんなを飲みに連れてったんだ」
「そしたら全然盛り上がらなかった、と」
 驚いたようにおれを見る。

「なんでわかるんだよ」
「なんで……ってなあ。
飲むの好きじゃない奴もいるだろうし……
そもそも社長と飲んだところで楽しいもんじゃないし、
残業続いてるならその日くらいは
帰らせてくれと思う奴もいるし、
飲みに行くくらいならその分をいくらでもいいから
小遣い程度のボーナスとして出して欲しいと思う奴もいるだろ」
 おれが言うと驚き、そして悲しい顔をした。
「それなら言ってくれれば良かったのに」

 基本的には人のいい奴なのはわかってる。が。
「社長が飲みに行くって言ってるのに、
『飲みには行かん。カネをくれ』なんて言えるわけないだろう? 
社員の気持ちなんて社長にはわからんよ。
逆に、社長の気持ちは社員にはわからんさ」
「じゃあ、これからはどうすればいいと思う?」
 こういう風に訊けるのがこいつのいいところだ。
「そういうときに、いい言葉があるじゃないか」
 おれはほほえましくなって答えた。
「『それ』のことは『それ』に訊け、さ」


テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

«  | HOME |  »

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する