FC2ブログ

文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2007-05

ショートショート218

●泣いてもいい?

 春の終わり、そしてはじまり。
わたしたちの卒業式が体育館で行われていた。
 だらだらとした、無駄に格式ばった式も
けじめをつけるのには大切なのだろう。
だれも騒がず、落ち着いた様子で時間が流れていく。

 でも、式が終わりに近づき、
卒業生代表で各クラスの子が話しているとき……。
代表の女の子のひとりがいきなり笑い出した。

 はじめ、笑いをこらえるように
声を震わせていたのがだんだん言葉も出なくなり、
最後はまともに喋れないくらい、肩を揺らして笑い始める。

 ……ええ~!

 たしかにこう厳かな空気で、
いつもならふざける面々がすました顔をしているのは
笑っちゃいそうにもなるけど、こんな場面でそれはどうかなあ。

 けれど、舞台の上ではその笑いが伝染したように、
代表四人が次々と噴き出し始めた。
言葉も切れ切れ、肩も震えているのがわかる。
 わたしはあきれるよりも、ひたすらひやひや。
いつ先生たちが怒って中断するかと胃が痛い思いで見つめていた。

 それでもなんとか挨拶が終わり、席に戻ってくるところに呼びかける。
 なに笑ってたの?
 言う前に振り向く顔は、目も赤く。頬を涙が伝わっていた。
「あ、ううん」
 首を振るわたし。
 あれは笑ってたんじゃなくて、泣いてたんだ……。
 そんなこともわからなかった自分がなんとも悲しくて、
わたしはすこし、泣きたくなった。
スポンサーサイト



テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する