FC2ブログ

文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2007-05

ショートショート 237

●木を育てた人

 教育実習も終わりに近づいたある日、
朝早くの教室にひとりぽつんと座る男の子がいた。
「どうしたの?」
 そばに行って椅子に腰掛けると、目のまわりには大きなあざ。
「先生さぁ、桜の木の話って知ってる?」
「うん? あの、どこかの偉い人が
こどもの頃に父親の大事にしてた桜の木を折ったものの
正直に謝ったら許されたとかいう抹香臭い話のこと?」
「先生……。まあ、そうだけど」

「それが、どうしたの?」
 訊ねると机に頬杖をつき、
「あれさ、こどもに向かって言うのはおかしいと思うんだよ」
「ふむふむ」
「正直に謝るこどもなんて別に偉くないよ。
あれは誉められる親が偉いんだって」
 と、ため息混じり。
「その心は?」
「父さんの酒ビン割ったら殴られた。
……こどもが正直に謝ったら誉めるもんだって、
親という親に教え込ませてよ」
「あははは、でもわたし、きみのそういうとこ好きだよ」
「おれも先生のそういうとこいいと思う」
 そして頬杖に乗せた顔をふっと横に向け、言った。

「ねえ、先生。ほんとの先生になって、また学校来てよ」


スポンサーサイト



テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する