文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2007-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 332

●その裏側

「はい、どうぞ」
 廊下に出て次の人を呼び、また三者面談が始まる。
 特に問題もなく、責任感も強いこの子の面談は簡単に終わるはずだった。
 でも、向かい合うとその子の母親は訴えるように口にする。
「先生、うちの子、だめな子でしょう?」
「ええ? なんでですか?」
「だって、家じゃなんにもしないんですよ。
何度言っても勉強もしない、
家の手伝いもろくにできないくらいです。
あぶなっかしくて結局わたしがやるんです。
なにもできないわりにはそれをあらためようともしない、
だめな子なんです。もう叱って叱って、毎日疲れるだけですから」
 その母親は、うんざりといった様子で深くため息を吐きだした。

「なら、学校の様子をお目にかけたいですよ。
いつも生き生きしていろんなことに挑戦していますし、
授業にも前向きないい子です」
 すると、
「そんなわけありません」
 母親は言った。
「家にいたって ただ だらだらするだけで、
ろくなことはしない子なんですよ。
わたしがどんなに叱っているか知らないんです」
 ……なんなんだろう、この人は?
「そうですか、大変ですね」
「でしょう?」
 どこか声を弾ませるこの母親に、わたしは言った。
「せっかくしつけようとしてるのに、
こどもは逆らってばかりで何も言うことを聞かない。
わたしはこんなにがんばってるのに、
こんなにこどものためを思ってるのに。
……そうやってこどもの成長に目を向けず、
大人同士ならやるべくもないことを押し付けるだけで
だめな子の烙印を押して悲劇のヒロインかなにかに
酔いしれるのはさぞかし大変でしょうね」

スポンサーサイト

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

 | HOME |  »

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。