FC2ブログ

文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2007-10

ショートショート 351

●演劇部

 暗い舞台の上、二つのスポットライトが二人を照らした。
「待ってよ、このまま何も言わずに行くつもりなの?」
 少女が訊ね、テンガロンハットを目深にかぶった男は答えた。
「言ったってしかたないだろう。
止められたって、おれは行くぜ? 
もう誰にも止められない――そう、自分でもな。
この疼きだけがおれを駆り立てる」
「いつ、戻ってくるの?」
「そいつは訊くだけ野暮ってもんだ。全部済んだら帰ってくるさ」
「無事で……戻って来てね」
「ありがとよ。なら、行くぜ。予感がそこまで来てるんだ」
 背中を向けて歩き出す男に、
「きっと……きっとよ」
 少女は震える唇でつぶやき、熱い思いのままに叫んだ。
「ゲーリー! ゲーリー・ベーン!」
 男は歩き去り、少女は去りゆく方向を見つめる……。

 と、闇を払うようにライトが空間を照らした。
「よし!」
 舞台の二人は向き合って喜び合う。
「本番もこんな感じでよさそうだな」
「タイトルも変えないでいいよね?」
「ああ」

『ゲーリー・ベーン ~トイレへの旅立ち~』

スポンサーサイト



テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する