FC2ブログ

文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2008-03

ショートショート 449

●登龍モラトリアム

 鯉たちが急流を登っていた。
 この流れを昇れば龍になれる、そう信じて。
 だが水は激しく、鯉たちをはるか下流に押し流そうとする。
 一匹、また一匹と姿を消していく中、必死に食い下がる一匹が訊ねた。
「なあ、もしこの川を昇りきれば、龍になれるんだろ?」
「そうだ」
 答える余裕もないように、気を吐きながら別の一匹が答えると、
「……龍になって、どうするんだ?」
 また訊ねた。
「なに言ってるんだよ。龍になるためにここまで来たんだろ?」
「いや、まあ、そうなんだけどさ。
親に言われてここまで来ただけだし……。
おまえはどんな龍になりたいんだ?」
「どんなってなんだよ。まずはならなきゃはじまらないじゃないか」
「いやぁ、でも、なんかこのまま龍になるって
もったいなくないか? 龍になっちゃったら、
今の感じは全部なくなっちゃうんだろ。それって……なんか怖いな」
「なに言ってんだよ、しっかりしろよ」
「ほら、でもさ……文化祭は準備をしてるときが一番楽しくて、
終わったらすごくさびしくなるって言うかさ」
「どこの鯉だ、おまえ」
 しばらく泳ぎながら悩むと、その鯉は言った。
「やっぱりおれ、どんな龍になるのか、もっと考えてみてからにするよ」

スポンサーサイト



テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する