FC2ブログ

文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2008-08

ショートショート 551

●完璧なうそ

 かねてから評判の悪かった医者が病院を首になり、
病院はその話でもちきりになった。
「しょうがないな、あいつは」
 コーヒーを飲みながら、ちょうど一緒になった同僚に言う。
 おれも同じ科の医者としてあいつと顔をあわせていたが、
おれから見たってろくなやつではなかった。

「ああ、へたなうそなんかつくからだ」
 応える同僚。
「ええ? うそ?」
「そうだ。金が好き、権威が好き、患者はバカで
自分より腕のいい医者は敵。それをごまかそうとしながら
中途半端にうそつくから、結局は金も権威も失った。
……半端なうそはつくな。うそをつくなら突き通せ」
 患者からも評判がよく、仲間内でも悪いことはきかない
そいつから出る言葉とは思えなかった。
「突き通す、ってどうやるんだ」
「金と権威が好きなら、それが手に入るうそをつけばいい。
患者に評判よく言われるように振る舞い、
お偉いには目をかけられるように行動し、
それがうそだとはだれ一人にもこぼさないし、
気づかれない。あとは自分の心にもうそをつき、
秘密を墓にまで持って行けばいい。
それくらいの覚悟もなしにうそはつくもんじゃない」
「それって……」
 はたから見ていれば、ほんとにただのいい奴なんじゃないか?
 そう思って、おれは。
そんなうそならだまされみてもいい気がした。

スポンサーサイト



テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する