FC2ブログ

文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2008-10

ショートショート 611

●なぞなぞ王

 休日出勤で会社に向かう電車に乗っていると、
前の座席に座る小学一・二年くらいの男の子が
隣に座る三十過ぎくらいの男に声をかけた。
「ねえ、おじさん。水を一瞬でこおりにするには
どうすればいいか知ってる?」
「うん? 何を使ってもいいの?」
「いいよ~」
 男の子はいやらしい笑顔で男の答えを待つ。
 会話からすると、甥っ子のめんどうを見させられているおじさん、
といったところだろうか。
「そうだな。じゃあ、次の水の日で、
満月が重なるときは……五か月後の二十六日だな。
その日に銀のコースターの上に水を口まで注いだ
黒色のガラスのコップを置き、その上に樫の枯れ枝を載せて、
すこし大きな岩塩を沈めながら水に語るんだ。『今は冬ですよ~』って」
 すると男の子は、
「ちがうよ~、ざんねーん」
 聴いていてヘドが出そうないやらしい口ぶりで言った。
「正解は、水に点をつけるだけ。『水』が『氷』になるでしょ」
 でも男は楽しそうに笑い、
「ああ、なんだ、そういうことかぁ。ひっかかっちゃったな」
 くだらないなぞなぞだ。それになんてくだらないこどもだ。
 嫌な気分になりながら電車から降りたものの、
男が言った言葉がとても気になって
思い出せる限りその内容を手帳に書き留めておいた。

 そしてそこから五か月後、男が言った日。
 自分の目すら信じられなくなるできごとがそこで起こった。


スポンサーサイト



テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する