FC2ブログ

文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2009-05

ショートショート 756

●こどもたちの挽歌

 足を、挽いていた。鼻ももげるような寒さの中、
死んだ戦友の足を挽いた。
「次に入るはあいつか俺か。生きてここから出らりゃせん」
 だれが歌い出したかわからない歌を聞きかじりに歌いつつ、
土と言うにはあまりに硬い、氷の地面に掘った穴に
昨日まで生きていた人形のような死体を投げ入れる。

 ――その顔。どこかで見たことはないか?
 奇妙に思って顔を近づけると、目がかっと開き叫び出す。
「なんで死んだ。なぜ死んだ! おれは故郷に帰るんだ!」
 おれの顔、おれの声の死体が喋る。
「……!!」
 目が覚めると、夏の暑さが体の芯までしみこんでいた。
 夢の残りの寒さに身震いし、体の暑さに額を拭う。
 終戦間際になると決まって見る悪夢。

「おいしく、おいしく、おいしくなーれ」
 台所のほうから楽しげな孫娘の声。そしてこうばしい香り。
 起き上がり見に行くと、床に座った孫が
上機嫌に何かをくちずさみながらもぞもぞやっている。
「なに歌ってるんだ?」
 後ろで目を細める妻に訊ねると、
「挽歌ですって」
 軽く笑みをこぼした。
「なにを挽いてるんだ?」
 すると孫娘が振り返り、舌足らずな声で応える。
「コーヒー!」

スポンサーサイト



テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する