文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 975

●ムサベツサベツ

「ねえ、これ、読んでみる?」
 わたしの大好きな友達が、一冊の本を差し出した。
 それは確か、身体に不利な条件を持った人が書いたという
売れ筋の本のはずだ。
 普段こういうのは読みそうもないあの子が、
普通ならこういうのは嫌いだとわかっているわたしに勧めるなんて、
どんなに面白かったのだろう。
「あ、うん。ありがと」
「なーんも」
 彼女は薄い笑みで返した。

 帰ったわたしはさっそく本を開いてみる。
 あの子が読んだ本、あの子の部屋の空気。
どんなことを思いながら読んだんだろう?
 そんなどきどきに紙をめくっていたけれど、
すぐにうんざりとしてきた。
 特に面白くもない内容。ハンディキャップを持っていることを
逆にひけらかすように述べられていく文章。
 これが……なんなんだろう?

 次の日。わたしは本を差し出し、声をかけた。
「あ、読んだ?」
「これ、面白かったから薦めたんじゃないよね?」
「うん!」
 にこっと輝く笑顔。
「おかあさんが惑わされて買ってきたんだけど、
おもしろくないってわたしにくれて。
しかたなくて読んでみたらほんとにおもしろくなくって。
せっかくだから、どんなにおもしろくないか読んでもらおうと思って」
 ああ~。おとなしやかな雰囲気からは
予想もつかないこの性格がたまらない。
「どうだった? おもしろかった?」
 罪もなく覗き込む目。
「ううん。もし書いたのが障害者じゃなかったら、
ここまで売れなかったし、だれも読まなかったと思う。
正直気分悪かった」
「だよねえ! 逆に世間がそう言わずに
もてはやすのがすごく不思議。
書いた人は、これで障害者への偏見や差別がなくなれば嬉しいです、
って言ってたみたいだけど、
障害者への偏見と差別がなかったらこんな本売れもしないのにねえ」
 辛辣な彼女の物言いに、わたしはぞくりと身を震わせた。


テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/1002-03753fdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。