文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 983

●おつかれさま

「ねえ、終わったよ」
「ん……?」
 肩を叩かれ意識を取り戻したのは、
映画館が明るくなってからのことだった。
「う、寝てた? ごめんね」
 目をぐっとつぶってからまばたき。
寝てる間に変な顔してなければいいけど。
「ここのところ残業続きで君も疲れてたんだろ? しょうがないよ」
 彼の優しい笑顔に痛む胸。
「ごめんね。出たら何かおごるから、喫茶店でも寄っていこう?」
 人もまばらになった席を立ち、出口に向かって歩きながら。
「今日だって仕事むりやり片付けて引き上げて来たんじゃないの? 
帰って休んだほうがよくない?」
「ううん、わたしが嫌なの、こんな終わりかた。
今日だって久しぶりだったし、すごく楽しみにしてたんだよ」
「ぼくだって楽しみにしてた」
 うう。なのに何で寝ちゃうかなあ。
「ごめんね。今度はわたしが全部出すから遠くないうちにまた会おう?」
「同じ映画でも見る?」
 その一言が心に重い。
「ごめんね、ほんとに。……映画、どうだった?」
 訊ねると、彼は目を細めて柔らかな笑みを浮かべて言った。
「ぼくに訊かれてもなあ」


テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/1010-124b7b00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。