文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 992

●奴隷解放

「ただいま~」
「おかえりっ」
 疲れた顔で扉を開けるだんなさんをお出迎え。
「ごはんできてるよ」
「うん」
 彼が着替える間に用意しちゃおうと廊下を戻りかけると、
「愛してる~」
 後ろから抱きしめてきた彼の腕が体をまさぐる。
「やっ、あっ、ちょっ、もう、なに?」
「君のエプロン姿にひかれたんだ」
 首筋に顔をつけて、手は服の中へ。
「だめ、シャワー浴びてからにしてよ。料理してて汗かいたから~」
 振り切ろうとするわたしをさらに強く抱きしめて。
「気にしないよ、そんなの。むしろ、それがいい」
「あーもう、変態! ごはん冷めちゃうよ。この奴隷!」
「奴隷ってなに」
 一瞬気がそれたところでわたしは脱出。
荒くなった息と乱された服を整えながら彼と向き合った。
「最近わからなくなるんだ。
本物のあなたは、もしかしてそっちじゃないの?」
 そっち。あの人の股間の生物。
「ええ? なんでさ」
「そんな小さい子が、『えっちしたいよー』、
『むらむらしたよー』、って言うと、
あなたは大きな体で『ははーっ、仰せのままに』って
見境もなく襲ってくる。ご主人様とその奴隷みたいで、
わたしそんなの好きじゃない」
「なんだよ、ひどいなあ」
 しょんぼりするその体、その胸に、わたしは頭を軽く当てた。
「最近、ちょっと興味あるんだ」
「うん?」
 頭を包む、その彼に。
「ご主人様から開放してあげたら、あなたはどうなるのかって」


テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/1018-84f61eb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。