文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 993

●わたしの中の宝石

 わたしが制服のまま、知らないおっさんと
ホテルから出てくるところを――家が近所のおにいちゃんに見られた。
 一瞬凍りつく二人の時間。大学の通り道でもないだろうし、
友達の家からの帰り?
 そんなことを考える間にもおにいちゃんは
ぎこちなく知らないふりをしてそのまま歩いて行った。
「じゃ、ここで。まったねえ」
 まだ物欲しそうにわたしを見るおっさんに手を振り、
わたしはおにいちゃんを追って駆け出す。

 ちょっと走って追いついて、わたしは背中を押しながら声をだした。
「ひさしぶり」
 軽く驚いた顔がすこし悲しげになって。
「ああ、ひさしぶり」
 おにいちゃんは急ぐ足を緩めてくれた。
「制服、違うんだ?」
 前を向いたままの声。
「うん。さすがに自分の制服はね」
 それっきり何も言わなくなってしばらく歩くと、
「今は、それでいいかも知れない。でも、なにより大事な宝石は、
自分の中にしかないんだよ」
 わたしなんかを心配してくれるようにおにいちゃんは言った。
「うん! みんなわたしの中がすごく気持ちいいって言うしね」
 悲しい顔。
「そっか……。まあ、このことはおれの胸にしまっておくよ」
 わたしを見る目はとてもつらそうで。
「でも、君からそんな言葉は聞きたくなかったな」
「えへへ、ごめんね。じゃ、ここで」
 わたしは背中を向けて駆け出した。

 いい子のわたしはみんなと同じ。誰も気にしてくれなくて、
ただそこにいるだけの存在。どんな宝石だって、
見向きもされなきゃただの石ころ。
もったいなくて宝石箱に閉まったままの宝石なんて、意味もない。
 それならわたしは気楽なイミテーションがいい。
ニセモノだってわかってるけど、ニセモノだから愛してもらえる。
 なのに……。
「ばか……!」
 誰が? おにいちゃん? それともわたし?
 笑っていたかったのに、勝手に涙が落ちてくる。
 腕でぬぐってわたしはひたすら、道を走った。

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/1019-c88d1303
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。