文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 997

●軽蔑

「あーあ。今からなりたい職業なんてわかるわけないっつーの」
 息子がテーブルにもたれながらため息をついた。
「なあに、進路調査? でも中学のころからでも、
将来どうしたいかを考えるのは大事なことだと思うけど」
「え~。どうせ就きたい仕事につけるわけでもないし、
その時考えればいいじゃん。ぜいたくは言わないから、
適当に金稼げて変な仕事でもなけりゃ、どんなのでもいいよ」
 すこし むっとしてわたしは言った。
「なに、その『変な仕事』って。仕事に貴賎はないんだよ」
 すると息子は表情のわからない細めた目を向けて、
「それ、欺瞞じゃなくて本気で言ってる?」
「あたりまえでしょ」
 わたしの言葉に口の端で笑う。
「じゃあ、おれ仕事決めたよ」
「なに?」
「一人暮らしの老人専門の押し込み強盗。
年寄りは少ない年金で生きていくために結構金ためてんでしょ? 
しかも見つかったところで抵抗もされないし、
これ以上楽な相手はないよ。入ったらとりあえず金探して、
見つかっても見つからなくても家の人間は殺してく。
何百人、何千人だって殺してやるんだ」
「なんでそうなるの?」
 薄く軽蔑のような気持ちをもちながら訊ねると、
息子は鼻で笑うような息をこぼして言った。
「もしつかまって、『なんでこんなことをしたんだ』って訊かれたら、
おれは誇らしく言うよ。
『母が、こんなおれの仕事でも尊いものだって言ったからだ』」

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/1024-9b64940b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。