文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 1005

●おしえる

 支払いの督促に向かう若い男と中年男の乗った車は
沈鬱な空気ごと二人を運んでいた。
「はあ」
 のそりと下に落ちていく若い男のため息。
「まあ、そう言わないで」
 運転する中年男が軽くあきらめたような苦笑いで言った。
「だって……こんなこと、しないならしなくていいはずなのに、
なんでやらなきゃいけないんですか」
「しょうがないよ。支払わなくていいなら誰も払わなくなるし、
払った人がばかを見るようなことはやらせちゃいけない」
「それでまたばかげたやりとりですよ。
お金がないから払えないっていうならまだわかりますよ? 
なのに、お金があるのに払わない、払いたくないってなんなんですか」
 ふう、と中年男もため息をつく。
「だから、教えなきゃいけないんだろうなあ。
払うべきものを払わないとはどういうことなのか。
支払いを滞らせるとはどういうことなのか」
「まったく、因果な商売ですね」
 やりきれないように頭を振りながら、若い男は言った。
「教師はこどもたちに勉強を教えるものだと思ってましたよ。
……それが、給食費を滞納する親にまで教えなきゃいけないなんて」


テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/1032-f8f8fc69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。