文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 1007

●目の悪い投票者

 晩ごはんのとき、おとうさんが出してきたたらこ。
 一口食べたとたん、
「なにこれ!? おいしい!」
 わたしは思わずたらこを見つめた。
「ははは、うまいだろ? 今日一番の仕入れだったんだけどな。
一日かけてもほとんど売れなかった」
「ええ? なんで? こんなにおいしいのに」
 するとおとうさんはため息をついて、
「色味が悪くてうまそうに見えないんだってさ」
「ええ? だってたらこって、こうでしょ? 
それに、おいしそうに見えなくたって
実際に食べておいしければいいじゃない」
 わたしの頭に乗る、さかなのにおいのする手。
「おまえは目が利くからな。でも、みんながみんな、
そんな奴ばかりじゃないんだ」

 次の日。
 晩ごはんのときにおとうさんが出してきたのは、
どくどくしい人工色をした たらこの切れ端。
「なにこれ?」
「昨日のたらこを染めたんだ」
「え~、なんでぇ? もったいない」
「ところがすごい勢いで売れてったぞ。
これはおまえに食べさせようと途中で取っておいたんだ」
「へえぇ」
 そんないわれあるものなら、食べてみなくちゃ。
「なんか嫌な味が残るね」
「わかるか?」
 おとうさんはわたしの頭に大きな手を乗せて、やさしく撫でた。
「飾らない素のままがいちばん見た目もいいし味もそこなわないのに、
ごてごてと醜く飾り付けなきゃ、選ぶ気も起きないんだとさ。
……世の中ばかばっかりだ」

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/1034-6f2d2310
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。