文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 1019

●命

 最近、いじめによる小学生・中学生の自殺が後を絶たない。
 亡くなったこどもは大々的に取り上げられるが、
そこで伝えられない、殺した方はどう思っているのだろう?
 そこでわたしは取材を開始した。
 関係者にたどり着くだけでも困難続きの中、
金を頼りになんとか同じクラスの女の子二人に話を聞くことができた。
「君たちから見て、いじめみたいなのはあった?」
 わたしの言葉に、
「ふつーにみんな言ってたよね。蛆虫とかゲロくせえとか死ねとか」
「うん、言ってた」
 わたしのおごり、高カロリーな食べ物をむさぼる二人が気楽にうなづく。
「そういえば、いっぺんすごいのあったよね」
「ああ、あれ? 掃除する前の緑のプールに突き落としたやつ?」
「そうそう! ばかみたいにぶるぶる震えてんの!」
 そう言って大口を開けて笑い合った。
「それを見てどう思った?」
 訊ねるときょとんと顔を見合わせて。
「べつにー? あたしらがなんかしてるわけじゃないし」
「結構うけたけどね」

 なぜこんなことを平気で話せるんだ? 
まったくの他人事みたいじゃないか。
「そんなことされて、本人はどう思ったんだろうね」
「さあ? へらへら笑ってたけど」
 これが本当に同じクラスの子なのか?
「そういうのがつもりにつもって、あの子は死んだんじゃないの?」
「知らない。死んだのもあたしらのせいじゃないしー」
「ねえ?」
 あまりに無責任な答えに押さえようとした怒りがにじみ出てしまった。
「君たちはあの子がいじめで死んで、なにも思わないの?」
 すると彼女たちは、
「まさか~、なんにも思わないわけないじゃん」
「だよね~」
 ほっとするわたしの耳に、二人の言葉。
「すっきりした」


テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/1046-bd082507
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。