文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 1022

●月

 月が来た。赤い月。
 痛い。怖い。気持ち悪い。
 『もうこどもじゃないんだね』なんて。
 今日のわたしは昨日のわたしとはもう別のものなの?
 ……嫌だ。
 もう学校も行きたくないし、誰にも会いたくないのに。
 朝になるとおかあさんに無理やり押し出された。

「おはよ~」
「おはよ」
 学校途中にいつもの友達。
「元気ない?」
 心配そうに声をかけてくれる。
「ん~」
 いいのかな? 聞いても、平気かな?
「あ、あの……さ。あれって……もう、なった?」
「あれって?」
 それからはっとして。
「あ、もしかして?」
「……うん」
「わあ、おめでとう!」
 本当に嬉しそうにそう、言った。
「え? なんで?」
「うん?」
「だって、痛いなーとか、嫌だなーとかじゃないの?」
「うーん、それもあるけど。でも、わたしはそれよりも、
もっとすてきなことだと思うな」
 そう言う顔には輝く笑顔。
 ずっとかよわそうに見えてたのに、
わたしなんかよりよっぽど強かったんだ。
「すごいね」
 わたしは思わずつぶやいた。
「え?」
「んーん」

 そしてまた一月がたち、わたしに赤い月が来る。
 でも今度は、なんだか前より平気みたい。


テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/1048-d355ee41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。