文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 1042

●活線挿抜

 大学が創立記念日で休みの日。
いつものように友達とお菓子をつまみながらおしゃべりをしていると、
「ねえ、ちょっといい?」
 申しわけなさそうにおかあさんが扉を開けた。
「パソコン動かなくなっちゃって……。
急ぎの仕事やらなきゃいけないんだ。
悪いんだけど、見てみてくれない?」
「えー」
 そんなの、わたしに言われてもなあ。
 わたしに、言われてもなあ。

 おかあさんの視線を受け流すように、視線を友達に。
「やれやれ、どうにも困った子猫ちゃんたちだ。
ボクがいないとだめなのかい?」
 彼女はやれやれと首を振ると、
お芝居風にもったいぶって立ち上がった。
「ごめんね。成功の暁には
おかあさんがきっとおいしいもの買ってくるからね」
 わたしはさらりと言ってみた。
「え~、ケーキか何かでいい?」
「あ、いいですよ、悪いですから」
 おかあさんの申し出を断る友達に、
「いいからいいから」
 うまくいけば一人、ただ得だけをする人がいるのはないしょ。

 パソコンの場所までつれていくと、友達はさっそく見始めた。
画面をみながら中腰で、かちかちがちゃがちゃ音を出す。
「このソフトが使えるようになればいいんですか?」
「そう。会社で使ってるのを持ってきたんだけど」
「ふーむむ」
 それからネットで開いたページを真剣な目で読んでいく。
「どう? なおりそう?」
「ん~、そうですねえ……」
 その瞬間、友達の目がくわっと開いて、
「ドングル!」
 ふと、つぶやいた。
「え? なにかわかったの?」
 すると友達は立ち上がり、
「危ないから離れてて」
 手を突き出してわたしたちに言った。
 それから、
「秘技! 活線挿抜!」
 普通に動いた右腕がUSBケーブルを一本抜き、
なめらかに別の口に差し込む。
「か、活線挿抜(かっせんそうばつ)だって!?」
 わたしは思わず叫んでいた。
「まさか、それは大陸で三千年前から伝わる幻の回復術? 
大地を流れる気を体内に取り込み、その乱れを強制的に治すというあの技をまだ使える人間がいたなんて!」
「こらこら。はい、できましたよ」
 後ろに立っていた友達。画面を見てみると
さっき止まっていたはずのソフトが動いている感じがした。
「あ、動いた~、よかった」
 おかあさんはほっとためいき。
「どうやったの?」
「えーと。これはまず認証用の機械があって、
そこに直列にささないとソフト自体が動かないんです」
「へえ~」
 二人一緒に声をあげ、わたしはそれから訊いてみた。
「じゃ、活線挿抜って?」
「ああ、電源入れたままで抜き差しすること」
「へえ~。パソコンって、拳法みたいなところもあるんだねえ」
 しみじみとおかあさんはつぶやいた。


テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/1066-462b00fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。