文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 1044

●遊走地雷

「たとえば地雷原に踏み込んだことに気付いたとして。
一秒でも長く生き延びる方法はなんだと思う?」
 軽くいすをわたしの方に向けながら、先輩が訊いた。
「ええ? それは……動かなければいいんじゃないですか?」
「うん。だって普通の地雷は、ただそこに埋まってるだけだからね。
でも、それが自分から走ってくるとしたら?」
「気が気じゃないですね」
「うん。何もしなくてもやってくるからたちが悪い」

 と。
「ちょっと、勤務時間中に話してないでよ」
 後ろから室長が声をかけて歩いていった。
 『別に電話中じゃないんだし、それくらいいいじゃない』。
そんな表情が先輩の顔に浮かぶ。
「でも、あと十分。電話なくて終われればいいですよね」
 わたしが言うと、
「あ、ばか」
「え?」
 ポー! 目の前の電話が鳴った。
「あ~、あたっちゃったね」
 うう……。この時間で電話をとったら残業確定なのにぃ。
 いやいや手を伸ばす横で、先輩の声が聞こえた。
「気を抜いた瞬間、地雷が向こうからやってくる。
それがコールセンターの悲しい事実なんだなあ」


テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/1068-1fbe01fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。