文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 005

●選挙

 学校からの帰り道。
本を読みながら歩くぼくの前を
いくつかの影が横切った。

「……?」

 顔をあげると、そこには へらへらと
嫌な笑みを浮かべるクラスの奴らが
ぼくを囲むように立っていた。

「よお、メガネ」
 真ん中の、一番嫌な奴が声をかける。
「これからお前を殴る。どこを殴られたいか言え」
 ぎくっとして、あとずさった。
でも逃げきれないのはわかってる。

 ぼくはなけなしの勇気を振り絞って口にした。
「ぼ……ぼくがなにしたって言うのさ」
「おまえがどうしたなんて関係ない。
おれたちが殴るって決めたんだ」
 楽しそうに目をほそめ、口の端でにいっと笑う。
……きっと本気だ。
「ほら。どこ殴られたいか言えよ」
 なんでぼくが……。
泣きそうになりながらも必死に考える。
 殴られてもあまり痛くない場所。
おしり? あたま? 手のひら? 
……そして、ひらめいた。
「……足のうら」

 ゴン! 頭に衝撃。
「い……ってぇ!」
 ぼくが頭をかきむしると、
周りの奴らはげらげら笑った。
「なにすんだよ!」
 叫んだぼくに、
「悪い悪い。ちょっと手が滑った」
 鼻にかかったような声。
「うそだ! 最初っからそうするつもりだったんだろ」
 さすがにむっとして叫ぶと、
さらに楽しそうに にんまり笑って、
「さあ、どうかな」

 その言葉が悔しくて、ぼくは食って掛かった。
「じゃあ、なんでぼくに訊いたんだよ!」
「だまれクソ虫。おまえの意見も
聞くところは見せてやっただろ?」
 激しい屈辱。ぼくは叫ぶ。
「おまえ、何様のつもりだ!?」
 するとあいつはさげすむような
いやらしい笑みを浮かべて言ったのだ。

「おれか? ……民意の代表さ」















・おまけクイズ。

わたしは『 (2字) 』が大嫌い。
多数決、力の暴力が民主主義だと思っている人は、
少数の人の自由を奪っていきます。
たとえば消費税も、本当の民主主義なら
賛成を唱えた人からとればいいのです。
はじめからどこを殴られたいかと
たずねられるようなものなど、
『 (同上) 』などではありません。
殴られない自由を、わたしは欲します。



テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/13-4bc32c5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。