文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 104

●たべたもの

「ただいま……」
 真夜中、つかれきった声で夫が帰ってきた。
「おかえり。なにか食べる?」
「いいよ、食べてきた」
 ネクタイの間に指を入れ、緩めながら。
「なに食べたの?」
 訊ねると、テレビをつけた。
 そこには電車を持ち上げる大型車。今日の一番のニュース。

「大変だね、きっとすごいお金がかかるんだよ」
「そんなもん、どうでもねえさ。
かかったらかかった分、飛び込んだやつからとるんだろ。
……ああ、くそ!」
 はずしたネクタイを投げつける夫。
「あんなとこで死んでんじゃねえよ、クソが!」
「死んだ人を悪く言うもんじゃないよ。
きっといろいろあったんだよ」

 わたしが言うと、ソファに投げやりに腰を落とし、
深いため息をつく。
「会社……つぶれた」
「えっ?」
「もともと自転車操業だ。今日いけなくて、取引が流れたんだ」
「そんな……」
 夫の肩が小刻みに震える。
「あははは。ずいぶん割り食った。もう腹いっぱいだ」

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/131-ae46cab2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。