文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 113

●順序

 ――なにかと思った。

 赤信号で道路を渡っていた男が、
目の前から突然いなくなった。
 どん、という音、空気の振動。
続いてなにかがこすれるような轟音。
 次の瞬間、叫び声があがった。

 道の真ん中で寝そべる男。
次々と車が急停車していく。
 信号待ちの人々が遠巻きに男を取り囲むが、
だれも手をかそうとしない。
 しかたなくそばによってみると、
この自業自得男は呼吸もせずに横になっていた。

 『人工呼吸』。
 頭の中によぎる言葉。

 ……するのか、ぼくが? 
マナーも守らない不愉快な男のために、
練習だけしかしたことのない唇を汚されなきゃいけないのか?

 だがもたもたしていては男も完全に死んでしまう。
 ぼくは唇を結ぶと、あたりを見回した。
 その中に心配そうにこちらを見つける、かわいい感じの子。
「そこの人」
 ぼくは指差して呼んだ。
「この男を助けたいと思いますか?」
 あっけにとられた顔をするが、
一瞬時間が開いてそっとうなづいた。
「なら……ぼくと、キスしてください」

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/141-bf385303
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。