文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 119

●嫉妬

 下校時間。おれたちはそそくさと玄関を抜けた。
「まったく、くだらねえよな。
チョコレートなんてあんな甘ったるいもん
なにがありがたいかわかんねえ。
遭難したらあれだけで何日も生きられるんだろ。
相手にやって糖尿病にでもするつもりか? 
嫌がらせだよ、嫌がらせ」
「お礼に三倍返しとかわけわかんねえ。
なくならねえかな、バレンタインなんて」

 校門のそばまで行くと、隣の友達を呼ぶ声。
振り向くとクラスの女子が走って来ていた。
「ちょっとー、今までどこ行ってたのよ」
 その質問に目をそらし、
「いろいろあんだよ」
 周りの奴を見るのが嫌で、
休み時間のたびに二人で隠れてたのは秘密だ。
「もー。さっさと帰ろうとしないでよ」
「な、なんだよ」
 腕を引っ張られて連れて行かれるあいつ。
さっさと帰ることばかりを気にして、
委員会でも忘れてたんだろう。

 けれど、校舎に行くかと思っていた二人は
プール横の茂みの方へ行き、すぐに振り向いて戻ってきた。
「ああ、ごめん」
「なんだったんだよ」
 たずねると、微妙に幸せそうな顔で。
「ん……まあ。おれに言えるのは、バレンタインもそう悪くはないってことだ」

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/147-d0ddfeef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。