文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 123

●ゴミの意地

 過疎化が進むひなびた町。
このままではただ廃れて行ってしまうと、
議員先生をもてなして道路の一本、
新幹線の一本でも町そばを通るように
してもらうように町をあげて計画した。

 そして今は先生お望みの釣りに
おれが付き合うことになった。
「おっと」
 昼飯時。町のみんなで用意した弁当のサンドイッチが
議員先生の手から落ちた。
「お、見てみろ。まるでこの国みたいじゃないか」
 吸っていなくともヤニくさい息を撒き散らして言う。
「きつい・きたない・きけん、だったか。
うちらからしたらゴミのような仕事しかできない連中みたいに
下の方が汚れちまった。
『国家サンド』なんつって売り出したら一商売できないかな」
 自分で言って満足げに笑う男。

 おれたちがどんな思いをしてこれを用意したと思うんだ。
それを落としておいて、そんなことしか言えないのか?
「それなら……こうでしょう」
 おれは落ちたサンドイッチを拾うと、
ひっくり返して地面に落とした。
「上は物欲と権力と不正にまみれて汚れ。
下は低い賃金、厳しい労働条件で汚れ。
……でも、残念ながら共通するところがあります。
わかりますか?」

 答えはいらなかった。
あいつがなにか言うところなど聞きたくなかった。
「それは、どちらもこの国を支えてるってことです」
 おれは悲しいサンドイッチを拾い、口に入れた。


テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/151-9e8a0983
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。