文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 135

●弱気

 その日、会社から帰ってきたおねえちゃんは、
いつもと様子が違った。
こわばった顔でどこかを見ていたり、たまに薄く笑ったり。
「なにかあったの?」
 訊ねると、
「ええっ?」
 大きく目を開けてわたしを見て、
物憂げな瞳でちょっとほほえんだ。

「かなわないなあ。
……えとね、ちょっと……お付き合いすることに、なりました」
「えええっ? おねえちゃんが?」
 いつもどこかずれてて、
周りがはらはらするようなおねえちゃんが?
「相手はどんな人?」
 悪い人じゃないの? おねえちゃんぼけっとしてるから、
ただ遊ばれてるだけじゃないの?
「ん、と……ね」
 目を細めて、やさしい表情。
「すごく、まじめな人。
やさしいし、わたしなんかにもいつも気を配ってくれるんだ」
「へえ~」
 そういう人って犯罪者の典型じゃない? 思ったけど黙っておく。
「でも、いいのかな」
 不安そうにぽつりとつぶやいた。
「わたしにはもったいない人だと思う……」
 まかせといて! わたしがおねえちゃんを守ってあげる!

 でも、正義の味方というのは秘密活動をするもの。
 おねえちゃんのお風呂の隙に
携帯から彼氏の番号を抜き出して、勝手に電話で待ち合わせをした。

 何日か後の夜、安い喫茶店で待つわたしの前に現れたのは、
どこにも華やかさのない、人の思う『普通』を形にしたような、
可もなく不可もないような感じの人だった。
「やあ、こんばんは」
「こ、こんばんは」
 テーブルを挟んで向き合うわたしたち。
「なんでおねえちゃんなんですか?」
 注文したコーヒーに喜々としてクリームと砂糖を注ぎ込む、
その人に訊ねた。
「あんな地味でいつもぼんやりしてるか、
うじうじしてるかの人ですよ?」
 するとカップを口に運び、一口すすろうとして思わず離したのち、目を細める。
「そこも、いいんだ。
いつもひとのことを考えてる、やさしい人だよ。
絶対他人の悪口は言わないし、他の人みたいに、
付き合ってる相手の悪いところを
冗談めかして笑いあうこともしない。
いつも困った顔してるけど……
ほんとに笑う顔は、すごく、きれいで。
できるならいつも笑って欲しいし、
そのときそばにいられたら、すごく幸せだと思う」

 堂々と、でも軽く照れながら言ってみせる彼。
こんなに言われちゃうと、
なんだかわたしの方が恥ずかしくなってくる。
「でも、いいのかな」
 手を添えたカップに視線を落としながら。
「あんな人……ぼくにはもったいない気がする」
 わたしは自分のコーヒーまで甘々になった気がして、
おなかの底から深いため息をついた。


テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/163-5543d329
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。