文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 009

●灼熱の想い

「ちょっとここに来なさい」
 パパは言った。

「大事な話があるの」
 ママは言った。

「なあに?」
 わたしは二人の前に行く。

 パパの横でママは渋い顔でわたしを見つめ、
口を開いた。
「あなた、また飛ぼうとしたんですって?」
 ぎくり。心臓がつかまれたように体が跳ねる。
「どうして他の鳥の真似事をするの?」
 嫌そうな口ぶり。そしてパパは。
「……ペンギンに生まれたのがそんなに不服か?」
 深みのある声で、そう言った。

「ちっ、違っ……!」
 わたしは叫ぶ。
「ほかの鳥のまねなんてしてない!」

「じゃあ、なんなの? 
どうして何度言ってもやめてくれないの?」
「だって……」
 やめられない。
どうしてもこれだけはやめたくない。
……どうして? そう訊かれたらわからないけど。

「ペンギンとしての誇りはあるのか?」
「……ある! あるよ!」
 飛ぶ鳥、走る鳥、泳ぐ鳥。
鳥にもいろいろあるけれど、
わたしは泳ぐ鳥として生まれた。
この広く深い海の中、
自由に泳げるペンギンであってよかったと思う。
……でも、そういうことじゃない。
わたしがはばたくのはもっと大事なことなんだ。

 『他の人に恥ずかしいから、そんなことはやめなさい』。
そう言われて、わたしは外ではばたくのをやめた。

 『みっともないからそんなことはやめなさい』。
……一人で練習していたら言われた。
 だからこっそりがんばっていたのに。

今度は『他の鳥のまねごとをするな』なんて。
「わたしがはばたくと、だれかに迷惑がかかるの?」
 わたしはの言葉に、
いぶかしげに見つめるパパとママ。
「するなって言うことはちゃんとやめた。
どこまで行けば気が済むの? 
……わたしが羽ばたけるのは翼があるから。
それが気に入らないなら、わたしの翼をもげばいい」
「なにを言って……?」
 驚く二人。気にせず続けた。

「他の鳥のまねをしてるわけじゃない。
違う鳥になりたいわけじゃない。
……どうしてわかってくれないの?」
「じゃあ、なんなんだ」
「飛べたらいいなと思うけど、
空を飛びたいわけじゃない。
わたしの足が、わたしの羽がうずくから」

 違う生き物でも見るような二人の目。
わたしは目をそらさずに言う。
「わたしは羽ばたいている自分が好き。
見たくないのはパパとママだけなんじゃないの? 
自分が羽ばたかずに来たから、
だからわたしが悔しいんだ」
「いいかげんにしなさい!」
 パパは声を荒げた。

「やだ! 絶対やだ! 
なにを言われたってわたしは羽ばたくのをやめない。
ばかにされたって構わない。理由だっていらない。
ずっと……ずっと言われてきたんだ、
『走れ、はばたけ、手を動かせ』って」
「だれに……?」
 わたしは胸に手をあてる。
「だれでもない。とめられないよ。
……わたしの心が叫ぶから!」















・おまけクイズ。

夢を追うこと、追い続けること。
こどものころは喜ばしいのに、
大人になると『こどもじゃないんだから』、
周りはいいます。
でも、こどもだから追うんじゃありません。
自分が自分だから、自分の心が叫ぶから、
だからやらなければいけないのです。
時にはあせりもいらだちもあるけど、
それでも体を突き動かすのは、
『 (5字) 』、それだけです。

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/17-ffc514df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。