文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 151

●いつもの。

 今日はようやく付き合える事になった彼女とのデート。
 今日のために何回も計画を練り直したし、よさそうな店も調べた。
「なんかのど渇いたね」
 渋いコーヒー屋のそばでわざとらしく言う。
「どこかで何か、飲んでいこうか?」
 こくん、とうなづく彼女。
 待ってましたとコーヒー屋のドアを開くと、
「いらっしゃいませ」
 落ちついた声を出すのは、店のマスター。
内装は軽く古さを出し、どこか懐かしい気にさせる。
凝ってはいるけどさりげなく、なかなか好きな店だ。
「いいお店だね」
 そっと彼女が言う。なかなかの好印象だ。
 ならば、ここでいいところを見せなけりゃ。

「じゃあ、いつものお願いします」
 いつも安いコーヒーしか頼んでないが、
ぼちぼち来てるし、きっとおれのことをわかってくれるはず……!
 祈りながらマスターを見ると軽くほほえみ、
「はい。いつもの、特製水出しブレンドですね」
 常連客に対するように注文を受けてくれた。

 ……って、待て。なんだそれ。聞いたことないぞ。

 平常を装いながら横目でメニューをなめまわすようになぞると、
一番下にその名があった。しかもそれだけ値段が他の倍近い。
 このオヤジ、涼しい顔してなんてことしやがる……!
 だがマスターはおれに気にせず、彼女に声をかけた。
「お嬢さん、コーヒーが苦手でなければ、
こちらの方と同じものはいかがでしょうか?」

テーマ:ショート・ストーリー - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/179-e4c8a706
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。