文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 010

●メイドの新しい服

 わたしは住み込みでメイドの仕事をしています。

 奥様も旦那様もいいお方……
お金をくださるという点でいいお方で、
わたしはなんとか貴族様の
ごきげんを損ねないように
毎日の仕事をこなしていました。

 ただ、その中で楽しみなのは
お嬢さまのお相手です。
どんなこどもでも、
こどものうちはまだかわいいもの。
しかもなぜかお嬢さまはわたしを気に入って、
寝入りに本を読んでとせがまれるのです。

 お嬢さまは、顔は、かわいいお方です。
喋らずにただかわいくあるのは
寝ているときだけなので、
寝かしつけるこの時間を楽しみにしていました。

 そして今日も、本を持って
お嬢さまの寝室に向かいます。

 部屋の中、大きなベッドの真ん中に
小さく横になるお嬢さまの枕元。
灯りを小さくして椅子に腰掛けると、
「今日はなんて本?」
 こども独特の愛らしい舌足らずな声で
お嬢さまが訊ねます。
「はい。今日は……」
 本棚から適当に抜いた本の表紙を見て、
「『皇帝の新しい服』、ですね。では、読みますよ」
 わたしは本を開きます。

 お話は一人の皇帝のものでした。
 おしゃれな皇帝の前に、
めずらしい布を持ってきた職人が言います。
『これはバカには見えない布です』と。
もちろんそれは嘘で布などなかったのですが、
皇帝は見えないとは言い出せずに
服を作ってもらうことにしました。
そして結果、皇帝はその服を着たつもりで
裸のまま町を歩いてしまうのです。

「……皇帝、ばかだよね」
 話が終わるとお嬢さまが言いました。
「そうですね」
 わたしはうなづきます。
せめて、見えないものは見えないと言える
真摯な態度を持っていればよかったのに。

 でもお嬢さまは、
「せめてバカにしか見えない布じゃないと、
平民の前になんか出られないよね」
 旦那さまのように にやりと笑われました。

 ……この日を最後に、わたしはメイド服を脱ぐことにしました。















・おまけクイズ。

日本では裸の王様として知られているお話。
あれをふと読み直したとき、
疑問に思ったのがオチ。
まあ、バカの基準にもいろいろあると思いますが、
わたしがあれを焼きなおすなら。
仕立て屋が、
「これがバカには見えない布です」と言ったら、
「ほう、それがお前には見えているのか?」と
王様がにやりと笑って終わりです。
人はひとつの役柄に慣れすぎると周りが見えなくなるもの。
ときには『(5字)』を着るのも大切ではないでしょうか。



テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/18-19e0ec7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。