文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 153

●便秘

 大学を卒業してから一年。
お互いの近況報告もかねて、女同士での集まり。
 どこに行くかと相談していると、
親友が居酒屋に行った事がないと言うので
せっかくだからと流れ込んだ。

「いらっしゃいませ~」
 ざわざわとした居酒屋独特の雰囲気に、店員の掛け声。
その子は初めての場所にきょろきょろと
あたりを見回しながら席に着く。

 すぐに運ばれてくる小鉢と伝票。
オレンジっぽいこのぬめっとしたものは、イカのなにかかな?
 おなかがすいていたのでお通しだけ食べ始めるわたしの横、
親友は小鉢を見て、伝票をひっくり返して。
そして、わたしの口元をじっと見た。
「な、なに?」
 訊ねると、
「それ、食べて平気なの?」
 心配そうに訊く。
「あはは、大丈夫。これは席代みたいなものだから、
最初に絶対出るんだよ」
「でも……」
 恥ずかしそうに口ごもり、
「お通じって書いてあるよ」


テーマ:ショート・ストーリー - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/181-7ac876b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。