文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 154

●裏切り

 中年男二人のスキー帰り、
腹が減ったので目に付いた店に入ってみた。
 壁は白塗り、教会のような洒落た感じで、
味に期待しながらメニューをめくった。
  『夏の海で恋に落ちた白い羊のスパゲティ』
  『見詰め合う恋人たちの甘いクリームパスタ』
  『情熱におぼれる水面のの月グラタン』……。
 思わず顔を見合わせるところへ、
「こんにちは。ご注文はおきまりですか?」
 にこにこと笑顔を振りまくウェイトレス。
「え、ええと。じゃあおれは……この……
夏の海で……恋……に落ちた……白い羊のスパゲティとやらを」
 おれはなんでこんな事を言わされてるんだろうか。
「そちらさまは?」
 訊かれて友人がぎこちない手でメニューをさす。
「えと、これを」
 その先には『懐かしい故郷に想いを馳せる、
麗しの婦人の御髪』の文字。

 ……くそう、うまいことやりやがって。
「では、確認いたします。こちら、白い羊のスパゲティおひとつと、
婦人の御髪おひとつですね」
 なにぃ!?
 思わず叫びそうになった言葉を飲み込んで、うなづく。
 すると彼女は厨房に行き、よく通る声を響かせた。
「オーダー入りました~。白スパと婦人、各一です!」


テーマ:ショート・ストーリー - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/182-3d776d90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。