文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 159

●眠れぬ夜の

「うう……眠い……」
 いつもの不眠にベッドでごろごろしていると、
弟の部屋から苦しげな声が聞こえてきた。

 もともと寝られないのに、
そんな声が聞こえたらよけい寝られそうにない。
 しかたなく起き上がり隣の部屋へ行き、
「なあ、受験近いのはわかるけど、一度寝たらどうだよ」
 声をかけると、
「んあ?」
 魂の抜けたようなうつろな目がおれを見る。
「普段だって勉強してんだろ? 
寝不足でつめこみそこねるくらいなら、
軽く寝て体調を整えてからにしろよ」
「あ~、うん」
 やる気のない体勢で立ち上がると、ベッドに倒れる。
 これでおれの睡眠も守られた。

 さあ、寝ようと自分の部屋で寝転がると、
すぐに壁の向こうから声。
「あ~、眠い……」
 くそ。嫌がらせか?
 苛立ちに飛び起きて隣の部屋の扉を開けると、中は真っ暗。
 息を殺しながら近づくと、
どうやら寝息らしきものも聞こえてくる。
「くそ……眠い……」
 ここに寝られない人間がいるってのに、寝ながら眠いとは。
この……
「よくばりめ!」
 ぴしゃりと叩くと、弟はぼりぼりとおでこを掻いた。

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/187-19725d98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。