文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 014

●天気予報

「ねえ、ちょっと聞いてよ~」
 電話口から聞こえる不満。
「彼ったらね、ひどいんだよ」
 ……またこれだ。
わたしは受話器をすこし耳から離す。

「今日ぜったいだいじょうぶだから
遊びに行こうって言ってたの。
でもまただめだったんだよ」
「ふぅん。なんで?」
 適当に返事。
「お金、なくなっちゃったんだって」
「ふぅん。なんで?」
「パチンコで使っちゃったみたい」
「ふぅん。あっそう」
 はっきり投げやりに返していると、
「もー! ちゃんと聞いてよ」
 すこしむくれた声で言われた。

「聞いてるよ~」
 わたしは受話器からのびたコードを
くるくると指で回し、
「つまりは。
いつもの彼がいつものように約束を破って、
そしてあなたはいつものように
わたしのところに電話してきたわけだ。
ふんふん。誠実そうな彼じゃない」
「あ、でも、今日はちょっと違うんだよ」
 弁解するように彼女は言う。
「せっかくのデートだから、
ごちそうしてくれようとがんばったんだって」
「うわあ、すごい! 優しいんだ」
 わざとらしく驚いてみると、
「でしょ? えへへ……」
 わたしの言葉を本気にして、
ふにゃふにゃと笑った。

「おばか!」
 わたしは叫ぶ。
「な……なに?」
 驚く声。
「今日という今日はもうあったま来た! 
あなたはなにが言いたいの? 
怒り? 悲しみ? 喜び? 
……それをわたしに言ってなんになるの? 
いつもいつも挨拶の代わりにぐち聞かされる
わたしの身になったことある?」

「ど、どうしたの? 今日はちょっと変だよ」
 怯えたような声。
「ああそうでしょうね。
あなたから見ればわたしは変でしょうね。
でもね。わたしからすれば変なのはあなただよ。
どこの世界でまともな人間が恋人のデート代を
パチンコで稼ごうとするっての? 
ギャンブルで勝ったあぶく銭で
おごってもらって嬉しいの?」

「え……で、でも……。
わたしのためだって言うんだよ」
「あなたのため? うそ! 
……賭け事したいからそう言ってるんだよ。
賭け事だけがおもしろいから、
その後のお金なんてあなたのために
使ってもいいやなんて思ってる。
ほんとに誠実な人ならそんなことしない。
毎日汗水たらして働いて。
そうやって稼いだお金を使ってくれるから、
ほんのちょっとおごってくれるだけで
ありがたいし嬉しいんじゃない」

「で、でも、ね……」
 こそっと、泣きそうになりながら言い訳する。
「でも、なによ?」
「彼にも……いいところあるんだよ」
 さらに胸が悪くなる。

「そりゃたまには、
ほんとたま~にはいいところがあるでしょうねえ。
……そんなもんだれだっていいところはあるのよ。
ひどい独裁者だって
自分のペットと家族はかわいがる。
でも敵は皆殺し。
人を廃人にするモルヒネだって、
少量使えば痛みを和らげる。
……彼はなに? 
あなたの誕生日に競馬に行った。
誕生日のプレゼントを買うつもりが、
持ち金を全部なくしてあなたにお金をもらったって? 
賭け事は止めるって言ったお正月。
すぐの二日にもあなたからお金をせびって
パチンコに行った。クリスマスでも何の日でも、
いつもいつもそう! 
いいところはあったって
いつも悪いことしてるのを悪人って言うのよ。
あなたの彼はうそつき!」

「なんでそういう言い方するの……?」
 もうほとんど泣き出す声。
「わたしは学ばない人間がだいっきらい。
わたし何度も言ってるよね? 
彼はうそつきだから信じるのはやめなさいって」
「でも……」
「そう。『でも』! 
いつもあなたは信じて裏切られる。
それでわたしがどれだけ心を痛めてるのか
知りもしないで! 
なのにわたしと話すたびに文句を言う? 
なに考えてるの? ……このわからずや!」
「……う……」
 泣き出した。この子のこういうところも嫌いだ。

「よし、じゃあこうしよう」
 わたしは冷笑交じりで明るく言う。
「彼の言葉のあとに、こんな注意書き出してあげる」

『このお話はフィクションです、
 実在の人物・団体・事件とは一切関係ありません』

『この行為は犯罪を教唆するものではありません。
 まねをしないで下さい』















・おまけクイズ。

 わたしは『 (4字) 』が大嫌い。
……基本的に、うそつきが嫌いです。
わたしもいけしゃあしゃあと嘘だけついて
お金もらいたいです。

 将来雨が降ろうが晴れようが、
何をするのも変わりません。
いつだって折り畳み傘を持っています。

 なのに、他の人はわたしに、
「今日の『 (同上) 』だと晴れるって
言ってたのに」というような言葉を
挨拶代わりに口にします。

 ……やめてください。信じないでください。
それをわたしに言わないでください。
あれは全部嘘だって、
わたしは何度も言ってるでしょう?

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/22-8b5cc616
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。