文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 197

●そしてより強く

 もともと十二人で仕事をしていたおれの部署だったが、
あれよあれよというまに六人が育児休暇に入ってしまった。
単純計算でも、倍の仕事をこなさなくては追いつかない。

 もはや家に帰るより会社にいるほうが長く、
家にいても仕事の残りに寝られない日々。
課長にいたっては会社に泊まり込むことも
週の半分はあるらしい。
「かちょ~!」
 ひっきりなしにかかる電話を取りつつ、
注文を受けては数字をまとめつつ。おれは課長に呼びかけた。
「んあ~?」
 どこかしら吹っ飛んでしまった課長が
返事とも寝言ともわからない声をあげる。

「なんかこう……仕事が動くようになってきましたね」
「ああ、そうだな」
「半分の人数でどうにかなってるんなら、
別に彼女たち、元からいらなかったんじゃないですか?」
「ああ、そうだな」
「普段から仕事もしないで、休んでも金もらって。
そんな金あるならおれが金欲しいですよ」
「それはおれも思う。休んでる奴にやる金はあっても、
休んでる奴の仕事をする奴らにやる金はないそうだしな。
女性は職場にいらないって意味がようやくわかったよ。
権利を守るなんて、金持ちの特権だな」
「あははは、課長、それ男女差別ですよ」
「あははは、そうか、差別なのか?」
 正直何を言っているかわからない口が勝手に動く。

「おふたりとも、今日はもう帰って休んでください」
 部署の年配の女性の言葉に、
「「今日だけ休んでなんになる!」」
 おれと課長は叫んだ。

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/225-628dfebe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。