文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 207

●ささやかなしあわせ

 どこかも知らないのによく知っている場所、
顔も見えないのによく知っている若い人。
いつの間にかふたり向き合っているのに気づいたとき、
わたしは彼に愚痴をこぼしていた。

「働いてる人とそうでない人って、すぐわかるんだ。
絶対、違うから」
「なにが?」
 たぶん穏やかな笑みを浮かべているだろうその人が
やわらかく尋ねる。
「輝き、っていうかな。
どんなに本人が大変だって言ってても、それでも何か光ってる。
……そう感じるんだ。
わたしはずっと、主婦だって言って家にいて、
だんだん自分がわからなくなってく気がする。
夫が転勤だって言えば一緒に行くしかないし、
逆に転勤がなければわたしはずっとこのまま。
そのまま永遠にそこにい続けて色あせて腐っていく……
そんな気がする。あなたなら、わかるよね?」
「ああ」

「言ってたよね、将来が見えて怖くなるって。
あの時、わたしはぜんぜんわからなかった。
でも……たぶん、こういうことなんだっていまならわかる。
でも、いまはそれ以上にわからないんだ、
わたしはいったいなんなのか。
主婦ってなんなの? わたしはこのままでいいの? 
わたしはなにをすればいいの?」
 言いながら込みあげてきてしまって、わたしはぼろぼろ泣いていた。
「ねえ、教えてよ。
わたし、このままずっと生きていくなんていやだよ」
 すがるわたしを彼は抱きしめ、何も言わず頭をなでた。
 わたしはこらえきれなくなって、
ずっと抱えていた涙をこぼし続けたのだった。


「ん……?」
 ぼんやりと目を開けると、暗闇の中、
隙間から光がさしこんでいるのが見える。
 ここは……うちだ。眠ってしまっていたらしい。
 いつのまにか かけられていた毛布をたたみ、
濡れていた目元をぬぐいながら隣に行くと、
夫と娘がわたしに振り向く。
「ははは、よく寝てたな」
「ふふ、おはよ~」
 いつもの家族。なぜだかあきらめのような、
よくわからないため息がこぼれた。

「なんか嬉しそうだね。いいことあったの?」
 娘の言葉に。
「ええ?」
 嬉しそう? わたしが?
「夢で、懐かしい人に会っただけ」
「あ、もしかして初恋のひと~?」
 ふっとわたしに振り返る夫。
「ううん、そんなんじゃないよ。ずっと昔に、死んじゃったひと」
 ……いつもありがとう。わたしは、それでも幸せだよ。
 もう顔さえ思い出せないあのひとに、
わたしはそっと感謝を告げた。


テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/235-6f09cd1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。