文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート213

●怖いもの

 ――ピンポーン。

 呼び鈴の音がして、わたしは跳ねるように玄関に向かった。
 のぞき穴から外を見て、それからチェーンのかかった扉を開く。
「ね、ねえ、だれか、いた?」
 後ろから青い顔で そっと呼びかける友達。
「ううん。だれも」
 振り向いた瞬間、

 ――ピンポーン。
 目の前にあるチャイムが、鳴った。
「いやぁああああ!」
 友達が叫ぶ。
「やっぱり……。何かいるよ、絶対」
「幽霊とか?」
「いやああああ!」
 耳をふさいで頭を振る。
 見てる前で、何もないのに
いきなりチャイムが鳴ったのにはわたしも驚いたけど、
ちょっと考えれば話は簡単。
「ね、これただチャイム壊れてるだけじゃないの?」
 ぐいぐいとボタンを押すと、ピンポンピンポンと音が返る。
「……え?」

 それから連絡をして、しばらくののち、修理屋さんが来た。
 修理後の報告を聞きに行っていた友達が戻ってきたとき、
その顔は憑き物がとれたようにさわやかだった。
「ほら、やっぱり故障でしょ?」
 わたしが言うと、
「ううん。中におっきなクモが入ってたんだって」
 中にクモ……? わたしが押した、ボタンの下に?
「それが動いたときに、勝手に」
「いやああああ!」
 わたしは耳を塞いで頭を振った。

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/241-8fdba711
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。