文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート214

●それはチガウ

 春。道の両側に桜の花が咲く車道。
 わたしたちはぶらぶらと歩きながら、
もっと近くに見たくて歩道橋に登った。

 うすく頬を染めるように色づく花は、
可憐さとはかなさを浮かべながら楚々と咲いている。
「ああ、やっぱり桜だねえ」
 たった一週間の春の盛りを愛でていると、
目に付く無粋な黒い電線。
うっかり手を伸ばしたら触れてしまいそうなほど近くにあって、
すこし危険なにおいがした。

「これって触ったら、やっぱりびりびりくるのかな?」
 訊くと、友達は驚いた顔をしておそるおそる手を伸ばし……。
 桜の花に、触れた。
 思わず口に出た言葉。
「いや、ねえ、ちょっと。どう考えても――」

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/242-3786b454
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。