文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 228

●リストラ代行

 うちの会社も経営が厳しく、
何人かにやめてもらわなくてはならなくなった。
だが、社員がやめさせる社員を選んだとわかっては、
やめるほうも割り切れないだろう。
 そこで案内の入っていた、リストラ代行を頼むことにした。

 やってきたのは凛とした目の若い女性だった。
 女性はわれわれが差し出した紙に目を走らせると
急に凍るような目つきになり、
懐から合い口を取り出して自ら首筋に当てた。
 止める間もなく刃を滑らせた切り口からは
ひどい勢いで赤い液体が噴き出し、部屋に飛び散って行く。
「どう?」
 女性は赤い血の向こうで叫んだ。
「これがあなたたちのやりたいこと? 
何を考え、どれだけためらい、どれだけ絞って出した答えなの? 
こんな……こんな乱暴なこと!」
 女性の全身ががくがくと震えだす。

 わたしはその光景の一瞬一瞬を
脳裏に刻み込みながら立ち尽くしていた。

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/256-21ae1f2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。