文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 233

●フリーライダー

「今からこの石を、巻いた綱一本で
全員いっぺんに引いてもらいます」
 巨大な石の前に集めた十人の男女に、心理学者は言った。
「実はこの石、皆さんが前回の実験で出した力を
すべて合わせればちょうど動く重さです。では、はじめてください」
 合図に従い、全員が綱を引き始める。

『おい、もし石が動いたら、目の前にいるおれは
つぶされるんじゃないか?』
 一人目は思った。
『なんだこの綱。前より太くなってるじゃないか。持ちにくいなあ』
 二人目は思った。
『なんで綱がこんなところにあるんだよ。
もっと下じゃないと引きづらい』
 三人目は思った。
『位置が悪いな……。綱がもっと上にあればなあ』
 四人目は思った。
『前の人、臭いなあ。もっと離れてくれないかな』
 五人目は思った。
『まずいな、あんまり近づくと、痴漢呼ばわりされるかもしれない』
 六人目は思った。
『こんな綱じゃなくて、取っ手のついた何かはないのかなあ』
 七人目は思った。
『前の子、すごくいい匂いがするなあ』
 八人目は思った。
『動いたらボーナスでもくれればいいのになあ』
 九人目は思った。
『そう言えば、綱引きで綱が切れて、
吹き飛んで死んだ事件があったような』
 十人目は思った。

 石は、ぴくりとも動かなかった。

「ほら、どうですか?」
 心理学者は言った。
「個人個人の力を集めれば動くものが、
集団になると力を抜くものが出るのです。
これをフリーライダー、ただ乗りと言います」
「それ、ちょっと違うと思いますけど」
 中の一人が言うと、
「何もわかってないのが何を偉そうに」
 心理学者は切り捨てた。


テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/261-2b07549e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。