文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 240

●いのちの望み

「ねえ、母さん?」
 彼女の中学生のこどもが、台所にいる彼女に声をかける。
「うん?」
「なんで人は殺しちゃいけないと思う?」

 ――パン!
 瞬間、彼女の渾身の平手がこどもの頬にきまり、
彼は回転しながら床に仰向けに倒れた。
「どうしてそんなこと訊くの?」
 彼女は息子に馬乗りになると、膝で腕を固める。
「な、なんだよ」
 突然のことにうろたえる息子に
二三回往復で頬をはたくと
どこか焦点の合わないおびえたような目をし、
「どうしてそんなこと訊くの?」
 震える声で訊ねた。

「道徳の宿題なんだよ。なんで人を殺しちゃいけないか考えろって」
 彼女は顔の横にこぶしを振り下ろす。
「そんなの、考えなきゃわからないの? ほんとに、わからない?」
 血の気の引いた顔で震える口はどこか笑っているように見えた。
「こどものころは食べる物もなくて、
近所でわけあって生き延びた。みんな生きるのに必死だった」

 彼女はこどもの首に手をかける。
「地震でアパートの下敷きになったとき、
声の届く人と励ましながら生き続けた。
がんばろう、生きてここから出ようって、みんな必死だった。
なのに時間が経つごとに、誰かの声が聞こえなくなって
声がうめきになって、ひとつひとつ消えていったんだよ。
いつか火が出て、すごい叫び声がした。
いつここまで火が来るか、死にたくない、死にたくないって
ずっとつぶやいてる人がいた。火に焼かれながら叫んだ人がいた」

 彼女の手に力がこもり、こどもは力を振り絞るように暴れた。
「なのに! なんで! 
だれが人を殺しちゃいけないのかなんて訊けるの!」
 彼は自由になった手で上に乗る母親を突き飛ばし、
蹴り飛ばすと壁に張り付く。
「どうして逃げるの? 
どうして人を殺しちゃいけないかわからないなら、
殺されてみればいいじゃない」
「やめてよ、まだ死にたくないよ」
 恐怖にひきつらせて叫ぶ息子。彼女は涙を散らして叫んだ。

「だれだってそうよ! それを訊ける神経自体がわからない!」


テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/268-1e1712f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。