文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 247

●黒い男

 都心の道で、激しくクラクションが鳴っていた。
その先頭には、タイヤだけで人の背丈ほどもある車が
動きもせずに止まっている。
「どうしたんだ」
 黒いコートを羽織り、髪の半分が黒と白で別れた男が訊ねると、
「わからん。いきなり止まって、うんともすんとも言わないんだ」
 はるか上から、助手席に乗った男が答えた。
「なら、わたしがなんとかしようか」
「あんだ、これを直せるのか?」
「当然だ」
 男がマントを開くと、中にはぎっしりと工具が入っている。
「たすかった~。急ぎで届けなきゃいけなかったんだよ」
「だが、わたしの修理費は高いぞ。三億円だ」
「いらねえよ」
 にべもなく断られた。


テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/275-9d060bac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。