文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 253

●未必の故意

「なあ」
 山合いの一本道。高速を走る車の中、
運転している友人が呼びかけた。
「車に乗るときはさ、
積極的に誰かを殺そうと思ってないし、
死ねばいいとも思わないよな」
「そりゃそうだ」
「でも、事故がおきる可能性はなくせないとわかってるし、
下手な事故なら人が死ぬのもわかるよな」
「ああ」
「けど、それはわかっても便利だから車に乗るわけだ」
「まあ、そうだな」

「なんでそれが、未必の故意にならないんだ?」
「そりゃ、立法の基盤には
車の関係者が出す金があるからだろ。
死の商人が金を出せば戦争だって合法化するさ、奴らは」
 それきり言葉が途切れ、すこしの沈黙。

「……待て。なんでいきなりそんなことを訊く?」
 訊ねると、しばらく前を見ていたが、
口の端を震わせながら声を出した。
「さっき、なんか轢かなかったか?」


テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/281-16ac1372
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。