文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 021

●弱き者、さらに弱き者

 郊外を一台のタクシーが走っていた。
その先には手をあげる一人の婦人。
 車は彼女の前で停止する。

「駅まで行ってちょうだい」
 開けたドアから乗り込みながら口にする女。
運転手は婦人の抱えるものに気付いた。
「お客さん、猫……?」
 その言葉に彼女は顔をしかめる。

「なあに? あなたも社会的弱者を差別するわけ? 
この子はわたしの一部なの。
ねこびとを差別しないように
法律でだって言ってるでしょう?」

 法律。猫がいなければ生活ができない者に対し、
どの飲食店でも病院でも
受け入れるように確かに言っている。
「いや、でもですね、お客さん……」
「つべこべ言わずにさっさと行きなさい。
それともなに? 
乗せないって言うんなら
あなたの会社に連絡するわよ。
きっと差別者としてクビになるでしょうね」
「……わかりました」

 後部座席にどっかと腰を下ろす女。
「ごめんなちゃいねえ~。
あなたが悪いわけじゃありまちぇんからね~」
 まさに気味が悪くなるほどの
猫なで声で懐の猫ののどをなでる婦人を見ながら、
彼は車を発進させた。

 言葉なく、数分。
車内にどこからか隙間風のような音がしはじめる。
「なあに、この音。
どこか壊れてるんじゃないでしょうね」

 彼女の言葉に運転手は
首を締め付けるワイシャツの
第一ボタンを外して答えた。
「だいじょうぶですよ。
お客様を危ない目に合わせないように、
朝晩整備してますから」
「そう? ならいいけど……」

 こんこんと小さなセキをする彼。
彼女は訊ねる。
「あら、カゼ?」
「いえ、そういうわけではないんですけど」
「しっかりしてよね。病気なのに運転して
事故にでもなったらかなわないわよ」
 運転手はすぐには答えなかった。
じっとりとにじむ額の汗を手袋をはめた手でぬぐい、
「……そうですね」
 言って力なくセキをする。

 ひゅーひゅーと隙間風のような音は
はっきり聞こえるほどになり、
音につれて彼の背中は丸まっていった。
 体中から脂汗。目はうつろになってゆく。

「ちょっと。あなた、だいじょうぶなの?」
 異変に気付いた彼女が訊いた。
けれど彼は答えずに、
「お客さん、差別と区別の違いってわかりますか?」
 雑音の混じった声で訊く。
「え? 突然、なに?」
 いぶかしがる女性を
意にも介さないように彼は続けた。

「よく言うでしょ。
りんごと梨なんかは一緒に置かないでって。
あれやるとだめなんですよ。
りんごにあてられて傷みが早くなるんです。
……でもね、りんごと梨を別々にするのは
差別じゃなくて、区別って言うんです。
お互いがそれぞれを生かすように
することなんですよ。わかりますか?」
「ええ、わかるけど?」
 彼女の言葉。

「そうですか? 
自分が弱いって言ってるけど、
お客さん強いやあ」

 彼はのどから喘鳴をもらしながら、
搾り出すように口にした。
「実はこう見えてわたしね、
ひどい猫アレルギーなんですよ」
 そして――気絶。

 呼吸困難で意識を失った彼を乗せて、
車はアクセルのままに
真の平等の国へと向けて走り出すのだった。










・おまけクイズ。

いままで差別されていたものが力を持つと、
今度は保護を大義名分にして
他の『  (6字) 』たちを傷つけます。
でも、それがわからないのです。
差別ではない区別。それはとても大切。


テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/29-d904c69e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。