文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 278

●悪魔の子ら

 一人の女が人心を惑わす魔女として神の名の下、
人間の男によって裁かれようとしていた。
 仰々しい服に身を包んだ男は言った。
「このまま疑いをかけられて死ぬのは本意ではなかろう。
そこで最後に身の潔白を晴らす機会をやろう」
 男は縛られ地面に転がる女を見下し、
「これからおまえの身を聖なる火にかけよう。
おまえが魔女ならば苦しみぬき、叫びとともに死ぬはず。
だが魔女でないならば火の中でも生きているだろう」
『火にかけられて生きている者こそ人間ではない!』
 女は叫ぼうとしたが、くつわがうめきへと変えてしまう。
『なぜ、なぜ気づかないのです!』
 声にならぬ音をあげ続けていると、
「なんだ、何か言うことでもあるのか?」
 口のくくみを外され、彼女は叫んだ。

「この男こそ悪魔です! 
悪魔はたびたび聖なるものに化けてきました。
この男こそを聖なる火に焼き、
身の証を立てさせなければいけません!」
 彼女の持つ言葉はそれがすべてだった。
 祈るように、心を奮わせるように男をにらむと、
どこからか上がる声を彼女は聞いた。
「そんなもんはどうだっていい」
 声の主を探し、彼女は心が崩れるのを止められなかった。
 顔は違えど同じ表情をする群れ。
 彼女はそこに悪魔以外の何者も見つけることはできなかった。


テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/306-a3bb0a9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。