文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 290

●モテ・モテ

 引っ越した親友の家に久しぶりに遊びに行った。
 中学の頃からモテてたし、
高校の今やさらにモテてることだろう。
 お菓子かなんかを用意しに
部屋をあけたチャンスを狙い、軽く捜索。
机の薄い引き出しを開け、すこし広いのも開け、
そして一番下のでかい引き出しをひらいたとき、
目指す一端があった。
 薄桃色のかわいらしい封筒。
中を開けると、やっぱりラブレターだった。
 初めて見る代物に、わくわくと中を読む。


  突然こんな手紙を出してごめんなさい。
  でも、このまま終わるのは嫌だったから……

  長い間待っていましたが、ようやく、手術が決まりました。
  けど、手術が失敗することもあるそうです。
  もしかしたら、そのまま死んでしまうことも。

  こんな形はいやだったけど、
  伝えられずに死ぬのはもっといや。
  だから、ここで言います。

  好きです。

  どうか、勇気をください。


「…………」
 言葉を失った。
 いけないものを見てしまった罪悪感。
もし、おれがこんな手紙をもらったら、
どう答えるのだろうという戸惑い。
 そこに、部屋の扉が開いた。
「ん? ああ、読んじゃったのか」
 ジュースと何かがのったお盆を持って、
気楽な笑みを浮かべる親友。
「これ、なんて返事したんだ?」
 訊ねると、
「うん? 別に」
「なに? なんで」
 すると普通にほほえんで、
「だって、ぶさいくだしさ」
 ああ……。
 おれがもてる男じゃなくてよかったと、
心から思わずにはいられなかった。


テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/318-37512991
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。