文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 299

●求めるものは?

「好きです」

 夕方の委員会室。おれはずっと憧れだった先輩に言った。
「付き合ってください」
 余計な突込みを入れさせない心遣いもばっちりだ。
 だが先輩は、
「付き合うって、どうすること?」
 まっすぐな目でおれを見て訊いた。
 ええっ?

「それは……その……。一緒に学校から帰ったり、
一緒にお昼食べたり……」
「学校から帰ったりとか、お昼食べたりとかに
付き合ってってこと?」
 そうなのかな……。いや、ちがう!

「違いますよ。そんな行き当たりばったりじゃなくて、
もっと長く、たとえば休みには、
その……そこらへん一緒に歩いたりとか、
そばにいても不自然じゃない関係になりたいというか……」
「お休み? 誘ってくれれば一緒に行くよ。
でも、付き合うと急に、そばにいても不自然じゃなくなるの?」
 そうじゃないんだ。
ただおれは……一緒に帰ったり手をつないだり、
うっかり肩も抱いちゃったり髪を指ですくったり。
夜には電話の電池が切れるまでくだらない話をしたり、
受話器の向こうでパジャマ姿でいる先輩を想像して
どきどきしたり、それを友達に冷やかされて
どぎまぎしながらちょっと優越感にひたってみたり……って、
何考えてんだかわからんなくなってきたぞ、もう。

「ねえ?」
 先輩はすこし悲しげな目をしておれの目を見つめると、
「ほんとに求めるのはわたし? 
それとも、『わたしと付き合ってる』っていう確信?」
 そう言われると、先輩自身だと言い切ることはできなくて。
 謝りながら走って逃げて、部屋の中、一人で泣いた。

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/327-c1a14737
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。