文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 331

●でも……

 はじめてで緊張しどおしだった三者面談も
ようやく終わりに近づいてきた。
 嫌なことでも伝えなきゃいけない悪ガキたちとは違い、
次の子は気楽だった。
学校でどんなにひたむきで、目配りもできるか、
たくさん話すから家で思いっきり誉めてもらうといい。

 そしてその子と母親と向き合って座ると、
開口一番その子の母親が言った。
「先生、うちの子、勉強しないんです」
 え?
 授業中はもちろん、休み時間にも勉強してるのを見かけるのに。
「え、ですが……」
 口を開くと、あの子のにらむような、すがるような目がわたしに。
 言わないで。そう求めるように小さく首を振る。
 何も言えずに言葉を切ると、母親は続けた。
「家ではどんなに叱っても殴っても、
絶対勉強しようとしないんですよ。
うちの子はほんとにだめな子なんです」
 目を移すと、彼女は悲しそうな顔をして目をそらした。
「先生、どうすればいいと思いますか?」
 ……なにを、どうする?
 だって学校じゃ自分から
委員会だの片付けだのの仕事も引き受けるし、
勉強でつまづいてる子が周りにいれば、
素直に教えられるような子じゃないか。

「とりあえず、何も言わずに見守るのがいいと思いますけど」
「それじゃだめなんです、先生。
この子はわたしが言わないと勉強しようともしないんですよ」
 何を言うんだろう、この人は。
「言っても勉強しないんでしょう? 
なら言わなくていいじゃないですか」
「それはわかります。
でも……厳しく言ってもそうなのに、
言わなかったらどんなことになるか」
「どんなことになるか、試してみてもいいと思いますけど」
「それはわかります。でも……それじゃだめなんです。
この子はだめな子なんです」
「なぜだめなんです? 
そう言わずに、期待して待ってみればいいじゃないんですか?」
「おっしゃることはわかります。でも……」

「うそです」
 言葉を切るようにわたしは口にした。
「話を『でも』でつなぐ人は何もわかってないですよ」

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/359-11dbff45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。